士業イメージ

個人店舗・ネット販売・たまに移動販売で生計を立てている我瀬(わがせ)と申します。「個人企業のためのクレカ・QR決済導入のススメ」サイトの管理人です。

このサイトでは僕のようなちっぽけな個人商店でもキャッシュレス決済が導入できることを伝えたいと思います。

ここでいうキャッシュレス決済とはクレジットカードや電子マネー決済、そしてアプリ(モバイル・QR)決済のことです。これらのキャッシュレス決済を導入することであなたがトクするという情報を伝えていきます。

今回は士業(弁護士・司法書士・行政書士・土地家屋調査士・弁理士・海事代理士・税理士・社会保険労務士)がキャッシュレスを導入する簡単な方法について伝えたいと思います。

僕の知り合いの弁護士・司法書士・行政書士に聞いたのですが、お金のやり取りは銀行振込や現金支払いがほとんどのようです。士業に支払う金額はどの業種においても最低でも数万円かかることが普通です。

それだけのお金を現金や銀行振込(現金と変わらないです)のみなのは支払う側からみれば結構辛いと思いますよ。消費者金融から借金して支払うなんてことしている人もいると聞いたことがあります。

マヌータ

クレジットカードで分割支払いできるといいのになあ。。。

きっとこんな需要は少なくないと思います。なのであなたもキャッシュレスの導入をぜひ検討してもらいたくこの記事を書いてます。

弁護士・司法書士・行政書士などを代表とする士業の方々でも簡単に導入できるクレジットカード・キャッシュレス決済サービスを二つここで紹介します。

1.AirPAY(エアペイ)

airpayトップ画像

AirPAYはリクルートホールディングスが運営している会社です。リクルートブランドの信頼性は今あなたにここで説明する必要はないと思います。

AirPAYを導入するにあたり、決済システムの信頼性はお客さま側から見ればかなり重要な要素と言えるでしょう。

みるく

リクルートなら私も知ってる有名企業。だから安心ですね!!

リクルートという有名企業にもかかわらず導入費・月額費は無料、そしてカードリーダーも無料です。

これってキャッシュレスシステムの革命です。

普通はCAT端末という邪魔な機器をレジの横に置いて、さらにその端末の月額使用料もかかっていたものです。しかしCAT端末のような邪魔な機器は必要なくなり、その代わりにiPhone XSよりも小さい決済端末が無料で導入できるのだから、これは「キャッシュレス革命」と言っても大げさではないですよね。

iPhone Xと比較

iPhone XSと比較し、幅は同じくらいですが、高さは圧倒的に低いですね。あなたのワイシャツの胸ポケットに入るくらいです。余裕で持ち歩けます。

決済にはiPhoneかiPadが必要

iPad画像

しかし注意しなければいけないのがAirPAYを導入するにはiPhoneまたはiPad、つまりiOSを搭載した端末が必要だということです。Android端末では使用できないのが残念な点です。

しかし現在(2019年7月1日)キャンペーンでiPad無償でレンタルできるのです!!

したがって、あなたがAndroidユーザーであっても無料で導入できます。ただし政府が行なっている「キャッスレス・消費者還元事業者」として登録される必要があります。

キャッシュレス・消費者還元事業についてはこちらを参照ください。

キャッシュレス・消費者還元事業はAirPAYに申し込むと自動的に一緒に申し込めるので特に何もする必要がありません。ちなみにキャッシュレス・消費者還元事業者として登録されると2019年10月1日から2020年6月30日までクレカ決済・QR決済どちらも全て2.16%一律になります。通常よりも1%以上もお得になります。

AirPAYの申し込みはこちらから



2.Square(スクエア)

Squareカードリーダー

「Square(スクエア)」という決済システムも私はオススメします。どちらかと言えば私は前述したAirPAYよりもSquareをより頻繁に利用してます。ちなみにゲーム会社のスクエアエニックスとは全く関係ありません(笑)。

Squareはアメリカの企業です。Twitterを創業したジャック・ドーシー氏がキャッシュレスに進出しようと立ち上げた会社です。日本ではあまり有名ではないかもしれませんが、Twitterを世界中に広めた人物となれば十分信頼感に値することでしょう。

とは言えども実際は日本でのキャッシュレス決済の最大手と言っていいくらいのシェアを持っています。

導入費用・月額費用は0円

導入費用、月額費用などは一切かからず、しかも上の画像にあるカードリーダー(7,980円)も審査さえ通過すれば今ならば無料で手に入れることができます。導入しても必要なくなってしまえば使わないだけでいいのです。月額費は発生しないので安心して導入できます。もちろん僕のお店も導入してますよ。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。



キャッシュレス・消費者還元事業に登録できる

SquareもAirPAY同様にキャッシュレス・消費者還元事業に登録できます。もちろん2019年10月から8ヶ月間、クレカでの決済手数料は2.16%になります。弁護士や行政書士などの士業のあなたはまず間違いなく登録されるので大丈夫です。

AirPAYとSquareの比較

僕がオススメするAirPAYとSquareを比較してみましょう。

AirPAYロゴ Squareロゴ
月額費用 無料 無料
決済手数料 3.24%(JCBのみ3.74%) 3.25%(JCBのみ3.95%)
キャッシュレス・消費者還元事業
申し込みから承認までの期間 3日程度(資料が全て揃ってる場合) 即日(後日取り消しあり)
売上入金日 指定銀行日の場合月6回

その他は月3回

指定銀行の場合翌営業日

その他は翌週金曜日

入金手数料 無料 無料
オンライン決済 不可
カードリーダー代金 無料 無料
必要端末 iOSを搭載した端末 iOS/Androidを搭載した端末

まずは手数料から比較してみましょう。ほぼほぼ変わらないですね。しかしJCBにおいては0.2%もの差があります。手数料の安さにこだわるならばAirPAYですね。

また申し込んでから承認されるまでの期間はAirPAYは3日程度、Squareは即日とあまり変わりません。しかし私がAirPAYに申し込んだ2018年7月には、申し込んでから承認されるのに1ヶ月かかりました。Squareは本当に申し込んだ瞬間に承認されました。

おそらくどんな業種でも審査が通ってしまう感じです。しかしその後、Squareの意図にそぐわない業種はアカウントが取り消しになることもあるようです。反社会勢力に関わってるなどそんな業種です。

カードリーダーに関してはどちらも無料です。Squareのカードリーダーは普通に購入すると7,980円、AirPAYの方は18,000円以上とおよそ10,000円ほどの差があります。どちらもカードリーダー1台目は無料ですが、2台目行こうは有料となります。

士業であるあなたが部下を持っていて、決済するような立場にあるならば複数台必要になると思います。その場合はSquareの方がお得になります。

入金日はSquareはみずほ銀行・三井住友銀行の場合は翌銀行営業日に入金されます。その他の銀行は毎週水曜を締め日でよく金曜に入金されます。

AirPAYの場合はみずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行の場合は月6回で5日・10日・15日・20日・25日・30日です。しかしこの日が銀行休業日の場合翌営業日になります。その他の銀行は5日・15日・25日の月3回になります。銀行休業日の場合はやはり翌営業日に振込まれます。

なるべく早い入金を求めるならばSquareの方がよいでしょう。

理想は2つのサービスの使い分け

司法書士しんげん司法書士しんげん

結局のところさあ、AirPAYとSquareどっちがいいの?

この司法書士しんげんに対する答えは「どちらも甲乙つけがたい」ということです。ならば私の答えは「両方つかっちゃえ!!」ということです。どちらも月額無料ですし、なんの問題もありません。

あなたがSquareを使って部下にAirPAY持たせるというのでもいいでしょう。使っていくうちに最終的にどちらのサービスが自分のビジネスにあっているかがわかってきます。使いやすい方を使い続ければいいだけです。

とりあえず両方のサービスを申し込んでおくことをおすすめします。

AirPAYの申し込みはこちらから


 

 

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。