Square電子マネー決済イメージ

ついに2020年8月4日、Squareのカードリーダーで電子マネーの決済が可能になりました。2019年4月に新しいカードリーダー(上の画像のリーダー)が発表されてから1年4ヶ月、いよいよSquareの弱点と言われていた電子マネーが決済可能となったことでSquareの需要が増えそうです。

Squareの詳細はこちらから

Suicaなど交通系電子マネーの手数料他社との比較

今回Squareで可能になった交通系電子マネーの手数料を主な他社と比較してみます。

Square AirPAY おてがるPay 楽天ペイ
3.25% 3.24% 3.74% 3.24%

ほぼほぼ横ばいです。おてがるPayだけ0.5%ほど高いくらいですね。0.5%は具体的にいうと5,800円の決済でSquareならば188円、AirPay・楽天ペイならば187円、おてがるPayならば216円です。最長で29円の差です。これを大きいとみるか、たいしかことないとみるかはあなた次第です。

PiTaPaは決済不可

Squareの詳細はこちらから

Apple Payにも対応

交通系電子マネーの他、iDやQUICKPay+にも対応可能になりましたので、AppleユーザーにとってもApple Payが手軽に利用できるので便利になりました。

今まで

お客お客

焼鳥5本ください!Apple Pay使えますか?

焼き鳥屋しんげん焼き鳥屋しんげん

A、Apple Pay??(なんじゃそりゃ??ヤバイぞ!!)

ともじもじしていたのが

焼き鳥屋しんげん焼き鳥屋しんげん

あいよ!Apple Payね!

と自信を持って決済できます。

Square最強か!?

僕はこれまでおてがるPay が最強かと思っていましたが、Squareが電子マネーを導入したことでSquareが最強になったかもしれません。しかし手数料などではおてがるPayには若干劣ります。

とはいえでも美容室やブティック、イタリアンレストランなどのお店などおしゃれなイメージを演出したお店ならばSquareは最強になったと思います。

Squareの詳細はこちらから