ロシア・ゴンチャロワ(Goncharova)が美しくて凄すぎる

ロシア・ゴンチャロワ(Goncharova)が美しくて凄すぎる

ゴンチャロワ画像





先日グラチャンバレー大会が始まった。日本は先日韓国戦 で完勝し、本日のロシア戦を鑑賞している。その中で気になったのがロシアのゴンチャロワだ。どうやらヨーロッパ№1のアタッカーという触れ込みらしい。

これを書いている今、試合が終わった。第1セットは日本が取ったが第2、第3セットと連取され、第4セット最後の最後まで争ったがやはり最後はゴンチャロワにやられてしまった。

そんなゴンチャロワ選手について調べてみたい。

ゴンチャロワ選手はアルファベットでは「Nataliya Goncharova」、カタカナで「ナタリア ゴンチャロワ」が呼ぶのに適当だろう。

ゴンチャロワはウクライナ出身

ゴンチャロワは1989年1月6日の28歳。実は生まれはウクライナであり、2008年にロシアに帰化しているとのこと。もともとは結婚してオブチャエワ(アルファベット表記は不明)性になったとのことだが、現在もユニフォームはゴンチャロワとしている。これはロシアの習慣なのかもしれない。

2008年ロシア国籍を取得したが、2年はロシアの代表の選手としては入れない規定で、2010年よりロシア代表として入る。なお帰化したものは1名しか入れない規定があり、それを見事21歳で勝ち取ったということだ。

オリンピックは2012年ロンドン、2016年リオも経験している。2020年の東京ももちろん出てくるであろう。

ゴンチャロワの何がすごいのか?

ゴンチャロワという選手は初めて見た。というよりもバレーの試合を観るのが久しぶり。でもこの選手の何がスゴイかというと、高さだ。セッターとのトスのタイミングがあえば、軽くブロックの上を超えてコートにたたきつける。

バックアタックもすごかった。高さがあるからブロックのわずか上をかわしていくからうまくブロックにあたったとしてもワンタッチで外に抜ける。パワーもスゴイ。

日本がロシアに勝つには彼女を(だけではもちろんないが)いかに防ぐかだろう。
Persona(ペルソナ)

第4セットではゴンチャロワのスパイクをブロックで止めたシーンもあった。ロシアに勝てないことはない。もうひとつ何かがほしいのだ。そうできればサーブで崩してほしかった。

ゴンチャロワの美貌

ロシア人は確かに美貌が多い。理由はわからない。ゴンチャロワもその一人だと思う。身長194cmありながらもあの美貌かと思うと大半の男性は(女性もだろうが)恐れ多くて避けてしまうかもしれない。

ゴンチャロワに関してはまだあまり情報が少ないので入り次第追記したい。

日本女子バレーは今後も頑張ってほしい。