1994年10月8日中日VS巨人決戦・巨人が勝利した理由に驚き

こんばんは。ガチャっとニュース編集部・ワガセです。

先ほどテレビで見ていて驚いたのですが、往年の中日ファンの間では忘れることができない1994年の10.8決戦で巨人が中日から勝利できた理由当時のコーチであった中畑氏から語られました。

苦手今中の攻略したことが勝利の鍵

当時、中日の絶対的エースは今中慎二でした。この年の巨人は今中を苦手で、今中は対巨人戦において5勝2敗、防御率2.45と抑えていました。

世紀の決戦10月8日は今中が登板する可能性が大。当然巨人は今中攻略を考えます。すると決戦の前日に、ある情報が入ってきたようなのです。

決定的な今中のクセを発見した!

今中といえば、しなやかな腕の振りから球持ちが良い伸びる150km級のストレートが持ち味の反面、同じ腕の振りから投げ出される人を馬鹿にしたような100kmに満たないカーブ。

このギャップが打者に戸惑いを与え、打たせなかったのを覚えてますね。

同じモーション、腕の振りで50km以上も落差がある球を投げる今中でも微妙なクセがあったようなのです。

それは僕も初めて聞きました。そのクセとはワインドアップに両腕をあげたとき、

グラブに隠れている左手の手のひらがグラブで完全に隠されている時がストレート

グラブからわずかに左手の手のひらが見えている時がカーブ

というクセを決戦前日のミーティングで確認したようなので。というわけで巨人選手は高揚して試合に臨んだとのことです。

当然これを知らない今中は自分でも「なぜ?」というほど打ち込まれてしまいました。やはり球種がわかってしまうと打者有利です。

セットポジションもしくはノーワインドアップから投げてればわかりませんでしたが、今中自身も自分のクセを知らなかったのでしょうね。

そんなことを中畑さんが語ってました。

あれから約四半世紀経ってこの真実を知りました。野球は奥深いですね。