高木菜那・金メダル!マススタートってどんな競技?競馬みたい

高木菜那・金メダル!マススタートってどんな競技?競馬みたい





ガチャっとニュース編集部ワガセです。先ほどスケートの高木菜那選手が今回のオリンピックで初めての競技種目「マススタート」で初代金メダルを獲得しました!おめでとうございます!

でもこのマススタートってどんな競技なのでしょう?初めて聞いた方も多いと思うので調べてみました。

マススタートとは

まずこのマススタートの意味ですが、「集団スタート」という意味のようです。まさにその通り今回のオリンピックでも10人以上の選手が集団でスタートしていました。オリンピックでは今回の平昌オリンピックで初めて正式に競技として採用されたのですが、ワールドカップでは2014年から採用されているようです。

ちなみに2017年2月、今から1年前ですね。このときの札幌冬季アジア大会で高木菜那選手が金メダル、佐藤綾乃選手が銀メダルを獲得しました。

マススタートのルールは

マススタートは1周400mを16周するレースでさらにはポイント制もあり、順位が決定されるレースです。その他マススタートのルールは結構細かいルールがあります。マススタートは先ほどもお伝えした通り、「集団スタート」なので接触などの危険があります。そのため

1周目は加速してはいけない

というルールがあります。要はスタート時に加速してしまうと接触してしまう可能性が高くなるからでしょう。でも「加速した」という判断基準が難しいですね。

ポイント制とは

獲得ポイントとは

4、8、12周時の1位・2位3位にそれぞれ5・3・1ポイントが与えられる

ゴール順1位・2位、3位にそれぞれ60・40・20ポイントが与えられる。

ポイントの合計で順位が決定される

ということです。ですが、基本的にまず1位でフィニッシュした選手が勝ちということになります。ポイントが順位に響いてくるのは、4位以降のようです。

マススタートは競馬に似ている

私は初めてこの競技を見たのですが、その時に思ったのが

なんか競馬みたい

ってことです。このレース、最初エストニアの選手が大きく前に出ました。競馬でいうと「逃げ馬」です。エストニアの選手以降は団子状態でした。

高木菜那選手は後方からいつ仕掛けるか虎視眈々と先頭を狙っている。いわば「差し馬」ですね。案の定ラスト1周で仕掛けてきました。猛然とダッシュを仕掛けそのまま先頭に立ち、後ろの追撃を許しませんでした。

見てて気持ちよかったですね。この競技は競馬と同じように戦略が必要な競技なのだと思いました。高木菜那選手はご存知の通り高木美帆選手の姉であり、妹の美帆選手の方がインパクトが強かったのですが、姉の菜那選手の方が金メダル2つ獲得したことによって今後のメディアでも目立つことになるでしょう。

でもこの姉妹はすごいですね!高木菜那選手おめでとうございます!