平昌オリンピックスノボの解説・中井孝治氏の解説が好評と話題に

平昌オリンピックスノボの解説・中井孝治氏の解説が好評と話題に

スノボ画像(画像はイメージです)

ガチャっとニュース編集部ワガセです。平昌オリンピックの話題が今日本中を走り回ったいます。先日より始まったスノーボードでは、強風の中「強行した」ということ公平ではないと世間では話題になっているようです。

その中でNHKでスノーボードの解説をしている中井孝治さんの解説がいいと話題になっています。その口調は感情に任せることなく淡々としており、落ち着いています。

オリンピックの解説者となると、メダルを取るような(特に金メダル)シーンになるとすっかり解説者を忘れて

おー!やったー!すげぇー!

などと雄たけびをあげることも少なくありません。ところがこの中井氏はそんな熱くなることはなく、スノボの選手が技を決めると

おしゃれですね スタイル入ってますね

などという言葉を頻繁に使います。解説でも例えば得点につながらない技を見せたらきちんと解説しそれを評価する姿に、お茶の間の人々は感心しているようです。そんな中井孝治氏のプロフィールを調べてみました。




スポンサーリンク

中井孝治氏のプロフィール

本名:中井 孝治

生年月日:1984年3月10日

学歴:青森山田高校〜青森大学

経歴:2002年ソルトレイクシティ五輪、2006年トリノ五輪出場

ソルトレイクシティ五輪でハーフパイプで5位入賞

以上が中井氏のプロフィールです。ソルトレイクシティ五輪では5位入賞していたのですね。このころはどうしても日本人はスノボでは突出していた選手がいなかった中で、5位入賞は素晴らしいことです。

中井氏は今回の平昌五輪でも解説が初めてではなく、その前のソチ五輪でも解説を務めていました。選手の繰り出す技を我々素人は「すごい」「わからない」という中、「おしゃれ」ということあたりが新鮮に感じます。

中井氏の解説に対する世間の反応

中井氏の解説に対してTwitterでは好意的な反応が多いのです。一部紹介します。


日刊スポーツも認めています。

以上のように好意的な声がほとんどです。今日は平野歩夢選手が活躍し、3位で決勝に進出しました。決勝でのショーンホワイトとの対決も楽しみです。ですが、この中井孝治氏の解説にも注目したいです。

平野選手が金メダルを取るような瀬戸際になったら、あの淡々とした口調も崩壊し興奮するのかなどもちょっと楽しみですね。




スポンサーリンク