キャッシュレスイメージ

今現在キャッシュレス化を日本政府が推し進めています。その理由は、実は東京オリンピックでの訪日外国人客増が見込まれるのと、今後も訪日外国人客が増加傾向にあったからです。

しかし、ご存知のとおり訪日外国人客が増えるどころか、外国人が日本に入国できない状況が続いている状態です。ご存知のとおり「コロナ禍」の影響です。しかしこのコロナ禍においてキャッシュレスがさらに望まれるようになりました

キャッシュトレーイメージ

最近このようなキャッシュトレーを用いての現金のやりとりが増えてませんか?スーパーやコンビニ、ドラッグストアのレジ前には透明なビニールのシートがかかり、上の画像のようなキャッシュトレーに「感染防止のため現金の受け渡しはキャッシュトレーにて行わせていただいてます」なんて書かれているのを見たことがあるでしょう。

そうなんです。現金は危険なのです。「金は天下の回りもの」と言われるとおり現金はあらゆる人の手を経由してます。いろいろな人が様々な場所で触れられているのです。

この現金の危険さを敏感に感じている人はすぐにキャッシュレスに切り替えています。ということはキャッシュレス決済ができないお店は敬遠されますよね。

美容室みるく美容室みるく

うちの美容室、常連さんが減ってきちゃったのよね。。。キャッシュレスどうにゅうしてないからかな?でもうちみたいな従業員3名のちっぽけなお店がキャッシュレスなんて無理なんじゃない?

特にちっぽけな個人事業主がクレジットカード決済などできないとあきらめてませんか?大丈夫です。そんなあなたにオススメしたいのが「キャッシュレスナビ」という無料のサービスに相談するだけで、あなたのお店にぴったりのキャッシュレス決済導入のお手伝いをしてくれます。

キャッシュレスナビの詳細はこちらから

キャッシュレスナビで一括導入

キャッシュレスナビのサービスとはクレジットカード決済や今流行りのPayPayやd払い、中国人観光客には欠かせないアリペイなどのQR決済サービスを一括で導入するサービスです。

本来ならばクレジットカード、PayPay、d払いそれぞれの業者に申請しなければなりません。これっていちいち全部情報を入力しなければいけないので面倒です。

しかしキャッシュレスナビならば一括で導入可能なのでかなりの手間が省けます。もともとこのようなパソコンやスマートフォンを使っての申し込みが苦手なあなたは、パソコンのキーボードで漢字とひらがなとアルファベットが混ざり合った長いあなたの店の名前を何度も打ち込む必要がありません。もちろんこのことであなたが意味を込めてつけた店の名前に対して後悔することもなくなります。安心して簡単に複数のサービスを導入できます。

主なキャッシュレスは3種類

主なキャッシュレス決済方法は以下の3種です。

クレジットカード決済

キャッシュレスの基本であり最もポピュラーであるクレジットカードです。あなたも少なくとも1枚くらいは持っているのではないでしょうか。現在日本で発行されているクレジットカード枚数は3億枚とのことです。単純に考えて日本人1人3枚持っている計算になります。

クレジットカードはその会社においてさまざまな特徴があるので、複数持ち歩くのは普通です。ちなみに僕は5枚持ってそれぞれの場面で使い分けてます。

電子マネー決済

電子マネーを使えるお店も増えてます。電子マネーはおそらく最も一番早い決済方法だと思います。あなたも電車の駅でSuicaのカードやスマートフォンをタッチして改札を抜けているのではないですか?あの感覚で決済ができます。

スマホ(QR・バーコード)決済

ここ2年ほどでかなりメジャーになってきたのがスマホ決済です。スマホにアプリをインストールして、QR・バーコードを表示してお店のレジに読み取ってもらう、もしくはお店に専用のQRコードがあるので、あなたのスマホのアプリを通してそのQRコードを読み取り、金額を入力して決済する方法です。PayPayが代表的で70歳過ぎと思われる御老人でも使っているというくらいです。

キャッシュレスナビならば0円で導入可能

先ほども伝えたとおり、キャッシュレスナビならば全て0円でキャッシュレスをあなたのお店に導入することが可能です。

美容室みるく美容室みるく

マジか!!でもうちみたいなちっぽけな美容室でもキャッシュレスナビは相手してくれるのかなあ?

もちろん個人事業主でも全然導入可能です。いやむしろ個人事業主は大歓迎だと思います。パソコンなどがあまり使えなくても専用のオペレーターが相談に乗ってくれます。あなたの手持ちのお金を出す必要もありません。

キャッシュレスナビの詳細はこちらから

カードリーダーも0円で導入可能

クレジットカード決済というと、今まではCAT端末という小ぶりな電話機くらいの大きさの端末を使って行うことが主流でした。しかし今は違います。あなたのズボンのポケットに入るくらいの大きさの端末を利用して決済すること主流になりつつあります。

しかし利用にはスマートフォンもしくはタブレット端末が必要になります。スマホ1台さえ持っていれば本当に0円であなたの小さなお店でもクレジットカード決済が導入できるのです。

もちろん相談も無料です。以下のリンク先の下の方にスクロールしていただくとお問い合わせフォームがあります。この6項目にだけ入力していただくだけで結構です。すぐに相談に乗ってくれます。安心してご利用ください。

キャッシュレスナビの詳細はこちらから

キャッシュレス導入のメリット

美容室みるく美容室みるく

キャッシュレス導入するのはいいんだけど手数料とか取られるからちょっと損じゃない?

確かにキャッシュレス決済を導入することで手数料が発生します。しかしそれにも増すほどのキャッシュレスを導入することでさまざまなメリットがあるので紹介します。

お金のやりとりの心配がない

冒頭でも伝えたとおり、このコロナ禍においては現金のやりとりが「危険」と思っている人も少なからずともいます。あなたの店の神経質なお得意客が、キャッシュレスを導入しないことで他のお店に流れてしまったら一大事です。これは大きなメリットであると同時に、顧客損失を減らすものでもあります。

クレジットカードポイントを貯めている人が新規顧客になる

クレジットカードには独自にポイントなどを貯められるサービスがあることが多いです。あなたのお店でクレジットカード使うことができるようになれば、あなたのライバル店でクレジットカード決済導入していなければ、新規にあなたのお店の顧客になってくれる可能性が高まると思います。

外国人観光客を取り込める

外国人はすでにキャッシュレス文化です。中国人観光客はアリペイというQR決済を使うことが多く、欧米系はクレジットカードが主流となってます。あなたの町に外国人観光客が多い、もしくは外国人の住人が多ければ必ずクレジットカード決済が求められます。

しかし現在はコロナ禍で外国人は入ってこれませんが、これがずっと続くわけではありません。今のうちに決済方法を整えていざ外国人は入れるようになったときでもあせらず対応できるよう準備しておいた方がいいと思います。

信頼できるお店として見られる

クレジットカード決済が利用できるとなると、お客さま側から見れば「信頼できるお店」として見られると思います。クレジットカード決済というとVISA、MasterCard、JCBなど誰もが知っている有名ブランドのカードが扱えるということです。

もちろん導入すればこれらのブランドが入った販促ツールがあたえられます。これをあなたのお店に置いてあるだけでお客さまは勝手に信頼してくれます。信頼ほど大きなものはないでしょう。

配達先やイベント出店での決済が可能

クレジットカード決済のカードリーダー(端末機)は基本的にBluetoothであなたのスマホ・タブレットに接続して専用のアプリで決済します。カードリーダーもズボンのポケットに入るくらいの大きさなのでどこへでも持ち運びできます。

なので蕎麦や寿司、ラーメンの出前やガラス修理、水道工事、電気工事などの出張サービスの決済も可能になるのです。PayPayなどのQR決済もあなたのお店専用のQRコードが発行されます。販促ツールとしてシールで配布されるので、それを持ち歩くだけで、決済が可能です。

お祭りなどのイベント出店でも利用可能になります。しかもキャッシュレスナビならば一括で申し込み導入が可能なので、お客さまの様々なキャッシュレス決済方法のニーズに答えることができるのです。

相談するだけでも無料です。強引な勧誘などは一切ありませんので安心して相談してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレスナビの詳細はこちらから